コンセプト

コンセプト

喜んでもらいたい。そのためのお手伝いをしています。創る:「喜んでくれますように」大切な人を思い浮かべながら気持ちを込めて作る。それが最高の製品を生み出すのです。贈る:「いつもありがとう」感謝の気持ちを添えて贈る。相手の喜ぶ顔が見れるから自分が一番嬉しいのです。使う:「ずっとつかってるよ」誰のものでもないたった一つのものだからずーっと大切にするね。→喜び

谷結窯の目指す業界への貢献

・新素材による製品開発 (多孔質磁器、河合陶石)
・3D CADによるオリジナル形状の作成
・電装部品と九谷焼きをコラボした新商品の開発
・異素材、異業種との連携した九谷焼市場へ呼び込むきっかけの商品
(業界アピールのPOP)

社一貫生産へのこだわり

業界の業者様に協力をいただきながら型の設計から成形、絵付け、販売までを一貫して自社で生産します。

社が取り組む九谷焼きの近未来像

・国内外の知名度で陶磁器業界では1,2位のブランド力を活かす歴史的美術品・アート作品を商品化
九谷焼の発祥の地 石川県加賀市しかない「古九谷」ブランドは歴史・史跡は市・国の財産である。
※現代でも 古九谷風のデザイン・色合いは、群を抜いて強い人気がある。

策1

弊社の商品像

九谷焼にはまだまだ可能性がある
器・花器などの従来品から脱却し、様々な商品を展開

策2

九谷焼の伝統を継承するため
「(九谷焼について)社長自身も教育がなかった。」
知らないことが多い九谷焼の魅力を地元の子供たちにも広めて将来を担うかもしれない子供たちにファンになってもらう取り組みを積極的に行っています。
地元の小学校の工場見学、中学生の職場体験などの受け入れ 等、子供たちの見学後の感想に「大人になったらここに来る」「大人になったら九谷焼きを作りたい」という意見もいただきました。

策3

新幹線延伸による観光客への働きかけ
九谷焼の発祥の地 加賀市へ誘客
古九谷発祥をキーワードに周遊(史跡)観光&温泉をアピール
温故知新 他にない生活に溶け込んだ美術品である九谷焼きの魅力を県内外にアピールしていきます。

体験のご予約・お問い合わせはこちら

ページトップへ