陶磁器商品 受託開発・生産

陶磁器商品 受託開発・生産

3Dデータで九谷焼製造

デザインの設計から、石膏型制作、製造までを行っております。

陶器が出来上がるまでの流れ

  1. お問い合わせ

    1.お問い合わせ

    お問い合わせフォームよりご連絡下さい。
    デザイン案がお決まりの場合、メール又は、FAXで
    寸法明記の上お問い合わせ下さい。
    確認後、担当者がご連絡・御見積もりさせて頂きます。

  2. デザインの制作

    2.デザインの制作

    打ち合わせでお客様のご要望に沿ったデザインの
    デザイン画を作成させていただきます。

    既にデザイン画がございましたらご相談ください。

  3. デザインデータをCADにて設計

    3.デザインデータをCADにて設計

    デザインが決定しましたら、デザイン画を元に CAD にて、
    立体的なデータに作成させていただきます。
    完成したデータをメール等でご確認頂き、修正・決定します。

  4. 3Dプリンター出力

    4.3D プリンター出力

    ご要望の場合は、型作成前に 3D プリンター出力し、
    商品の仕上がりイメージをご確認頂けます。

    ※別途料金

  5. 石膏型の制作

    5.石膏型の制作

    CADデータを元に石膏の塊を削り出し、商品の型を制作します。

  6. 石膏型に土を入れる

    6.石膏型に土を入れる

    石膏型に泥漿(でいしょう)を流し込む鋳込みと呼ばれる技法や、
    石膏型に粘土土を詰める押し型と呼ばれる技法で、
    デザイン通りの商品を制作します。

  7. 素焼き焼成

    7.素焼き焼成

    型から取り出したものを乾燥・仕上げし、
    窯に詰め、800℃前後で焼きます。

  8. 釉掛け本焼き焼成

    8.釉掛け本焼き焼成

    素焼きに釉薬と呼ばれるガラス質の液体を掛け、
    再び窯詰めをして 1250℃で焼きます。

  9. 完成

    9.完成

    窯を冷まし、取り出したら商品の完成です。

体験のご予約・お問い合わせはこちら

ページトップへ